本文へジャンプ

三重県商工会議所連合会の概要



 三重県商工会議連合会は、昭和23年4月1日、三重県内の商工会議所の連合体として設立されました。
 商工会議所は、明治11年の東京商法会議所にはじまり、明治23年には商業会議所条例が制定され法的に認知されました。その後、名称・組織の変更など様々な変遷がありましたが、昭和28年8月に現行「商工会議所法」に基づき特別認可法人として今日に至っています。
 また、商工会議所は、@地域性−地域を基盤としている、A総合性−会員はあらゆる業種・業態の商工業者から構成されている、B公共性−公益法人として組織や活動などの面で強い公共性をもっている、C国際性−世界各国に商工会議所が組織されているという4つの大きな特徴をもっており、全国に522の商工会議所が、三重県内には12の商工会議所が設立されています。
 三重県商工会議所連合会は、地域総合経済団体として、各地の商工会議所が「その地区内における商工業の総合的な発展を図り、兼ねて社会一般の福祉増進に資する」という目的を円滑に遂行できるよう県内12商工会議所を総合調整し、その意見を代表している団体で、事業活動も建議要望・中小企業振興・地域振興・情報化推進・国際交流等多岐にわたっております。

1. 概 要
 団 体 名  三重県商工会議所連合会
 所 在 地  〒514-0004  津市栄町1-891 三重県合同ビル6F
 TEL ・ FAX  TEL:059-227-1666   FAX:059-223-1877
 代 表 者  会 長  岡 本  直 之
 設立年月日  昭和23年4月1日
 会   員  12商工会議所
 地区内事業所数  67,728事業所
(平成26年経済センサス活動調査・民営事業所に関する集計より)
 県内商工会議所会員  24,020名(平成27年3月31日現在)

2. 組  織

3. 目  的

  三重県内の商工会議所を総合調整し、その意見を代表し、県内及び県外の経済団体と提携すること等によって、商工会議所の健全な発展を図り、もって三重県商工会議所連合会の振興に寄与します。


           (任期 平成28年11月21日〜平成31年10月31日)
  役  名     氏   名        所       属
会 長 岡 本 直 之 (津商工会議所 会頭)
副会長 種 橋 潤 治 (四日市商工会議所 会頭)
副会長 上 島   憲 (伊勢商工会議所 会頭)
副会長 谷 川 憲 三 (松阪商工会議所 会頭)
副会長 田 中 彩 子 (鈴鹿商工会議所 会頭)
副会長 中 澤 康 哉 (桑名商工会議所 会頭)
副会長 田 山 雅 敏 (上野商工会議所 会頭)
副会長 岩 佐 憲 治 (亀山商工会議所 会頭)
副会長 伊 藤   整 (尾鷲商工会議所 会頭)
副会長 川 口 佳 秀 (名張商工会議所 会頭)
副会長 松 田 音 壽 (鳥羽商工会議所 会頭)
副会長 榎 本 正 一 (熊野商工会議所 会頭)
専務理事 藤 本 和 弘       ―
監 事 潮 崎   誠   (鈴鹿商工会議所 専務理事)
監 事 森 下 充 英 (桑名商工会議所 専務理事)
常務理事 葛 山 豊 一 (津商工会議所 専務理事)

4. 事業内容

5. 役  員

(1)県内商工会議所の意見を総合してこれを公表し、又は関係官庁等に具申し
   若しくは建議すること。
(2)関係官庁等の諮問に応じて答申すること。
(3)県内の産業経済に関する調査研究、情報又は資料の収集を行うこと。
(4)県内の産業経済の振興に寄与する事業を実施すること。
(5)県内商工会議所の活動の指導及び援助をおこなうこと。
(6)県内における他の経済団体との提携又は連絡。
(7)日本商工会議所及び東海商工会議所連合会との連絡。
(8)前項に掲げるもののほか、本会の目的を達成するために必要な事業をおこな
   うこと。

●トップページへ戻る

●トップページへ戻る