三重県商工会議所連合会 平成18年度 若者と中小企業とのネットワーク構築事業
事業の背景
事業の目的と背景 中小企業の人材ニーズと強み 事業の概要とサポート内容 桑名方式インターンシップ コーディネータ派遣
トップページ > H19年度トップページ > H18年度トップページ > 企業の魅力を発見! 上手にアピールし、採用力を向上させるポイント 第2部
桑名・津・松阪で開催しました「ネットワーク構築セミナー」の内容を掲載したものです。

第2部 中小企業の魅力を学生に伝える情報発信の仕方

2.学生の心をつかむ情報発信の仕方 

  • (1)進路指導スケジュールを知りましょう
     情報発信を「いつ」「だれに」「どのように」行なうかを考えるためには、まず進路指導スケジュールを知る必要があります。
     三重県立のある高校のスケジュールを例に、大体の流れを見ていきましょう。

    【就職決定までの道のり(三重県立B高等学校編)】
    各企業からの求人票が届く  (7月1日解禁)
    • 学校に届いた求人を生徒に公表。
    • 求人票のデータ(企業名、職種、人数枠)を「求人速報」として廊下に掲示。
    • 一学期末に就職希望者には「求人一覧表」を配布。説明会も開催。
    • 夏休み中に個別面談で指導している。


      ※生徒は求人票を見て(見比べて)、企業を研究している。
      ※生徒は求人票をコピーして家に持ち帰っている→家族に見せる→親の意見がある
      求人票すらまとめられない会社はダメ!
    企業訪問・工場見学
    • 求人票だけでは分からないことも多いので、この高校では「企業訪問に行き、自分の目で仕事の内容を確かめること」を勧めている。
    • 生徒1人につき、2〜3社工場見学をするとのこと。
    • 高校では保護者にも同行を勧めている。
    • 見学を終了した生徒には、職場見学確認書など感想を書かせている。
    「受験希望企業申込書」を提出 (8月17日)
    • 生徒が、希望する企業を数社、希望順位をつけて提出。
    • 希望提出後の変更は不可とのこと。
    推薦会議 (8月下旬)
    • 成績、出席状況、クラブ活動、生活態度等を考慮して、各企業に推薦する生徒を決定している。
    応募書類を発送  (9月)
    • 推薦の決定した生徒について、各企業に応募書類を進路指導部より発送。
    採用試験の受験
    • 採用試験の内容は、学科試験、一般常識、面接、作文、適性検査等
    • 採用試験は、各高校から推薦された生徒との競争となる。
    企業から採否通知が届く
  • (2)魅力ある企業の情報発信のポイント
    1.求人票
     進路指導スケジュールに記載されているとおり、企業が求人するのは7月1日以降の学校への求人票になります。
     求人票は、中小企業にとって「生徒との最初の接点」であり、生徒にとっては複数の企業を比較検討することが容易な「最大の情報源」となります。
     生徒はこれら求人票を見ながら、自分の就職先を決めることになりますので、興味を持った企業の求人票には必ず目を通し、複数企業の求人票を見比べて研究をしています。
     生徒は求人票をコピーして家に持ち帰り、親や家族にも見せて親や家族の意見も参考にします。求人票すらまとめられない会社はよく“ダメ”と言われるのは、このことからもよくわかります。 求人票の見方と先生や保護者が特に注意して見るポイントなどを示しましたので、自社の求人票と見比べてみましょう。

    【求人票の見方とポイント】
    あなたの会社はこう見られています。
    事業所名
    …・まずは一番気になるポイント。一般的に知られている会社か、自分が聞いたことのある会社か。
    就業場所
    …所在地と異なっていないか。実際に勤務した場合、通勤経路、所要時間、残業日の帰りの便などどうなるか。
    事業内容
    …業種の将来性、安定性があるか。
    従業員数
    …企業全体の人数から規模を判断。事業所の人数は、毎日顔を合わせる人数。男女比から社内の雰囲気を想像。
    創業
    …古い企業:風雪に耐えてきた実績。
    …新しい企業:若さと活気、自由な雰囲気。
    資本金
    …企業の規模が分かる。大企業か中小企業かなど。
    労働組合
    …無い場合は、労働者の権利が制限されやすい?
    就業規則
    …無い場合は、経営者のワンマン経営になりがちと思われる。
    就業時間
    ・ 休日等
    …なんといっても気になるポイント。アフターファイブが楽しめるか。まとまった休日がとれるかなど、遊び盛りの若者には重要なポイントである。
    賃金
    …他の企業と比較しやすいポイント。就職先としての価値は賃金がすべてではないが、これが劣ると土俵に上がれないことがある。
    作業内容
    補足事項
    …他社の求人票と差がつく「特に重要なポイント」。具体的な記入がなされているか。
    福利厚生等
    …従業員に対するキメ細かな配慮があるかどうか
    離職状況
    ●先生や保護者が特に注意して見るポイント 。
    ●離職率の低い企業は従業員の定着率がよい。職場に対する満足度が高い。
    ●離職率の高い企業は、何かに不満があって辞めている可能性がある?辞めていくのを見越して、たくさん採用しているのではないか、など。

    ※読み手を意識して、丁寧にわかりやすく記入することが大切と言えます。

    2.採用のための会社案内やホームページの整備
      採用のための会社パンフレットやホームページが整備されていなかったり、採用後の処遇や育成の目標などが曖昧であったりすると、就職希望者を集めるには不利といえます。
     学生をお客様と考えて、A4一枚程度の簡単なものからでも構いませんので、学生向けの会社案内やホームページを作成しましょう。
     会社パンフレットやホームページでは、どのような情報が求められているのか、会社パンフレットやホームページでアピールすべき点を確認してみましょう。
     ある会社の事例を紹介していますので、自社とのアピールの仕方を比較してみましょう。
     ※ハローワークに提出した求人票の記載事項と相違ないように注意しましょう。

  •  求められている情報
    1. どんな社長の会社なのかを知りたい
    2. どんな人が働いている会社なのかを知りたい(職場環境について知りたい)
    3. どんな人を求めているのかを知りたい
      • × 募集要項しか掲載していない(欲しい情報が得られない)
      • × 事業内容・仕事の内容が最初のページに掲載されている(つかみが硬いなど)
      • × 学生にとって理解しづらい言葉や専門用語を使っている(読みたくない、興味をそそられない)

    出来る限りわかりやすい言葉で、熱意がこもったメッセージを、
    社長から発信しましょう!

三重県商工会議所連合会 〒514-0004 三重県津市栄町1-891 合同ビル6F
TEL:059-227-1666 FAX:059-223-1877
メールアドレス:miepfcci@quartz.ocn.ne.jp
Copyright 2006 MIE CCI,All rights reserved.